社長 田中千秋
有元利夫作品の買取は、東京銀座秋華洞にお任せください。
秋華洞社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で有元利夫買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし有元利夫の作品をお持ちでしたら、ぜひ秋華洞にご相談下さい。

有元利夫

ありもととしお
洋画家 1946(昭和21) - 1985(昭和60)

画家。岡山県に生まれる。昭和44年、東京芸術大学美術学部デザイン科に入学。在学中に訪れたイタリアでフレスコ画に感銘を受け、帰国後には岩絵具を用いたタブローの制作を始める。ヨーロッパの古典絵画に加え、日本の仏画にも強い興味を抱き、それらを自分なりに解釈し再構成した卒業制作《私にとってのピエロ・デラ・フランチェスカ》は大学買い上げとなった。昭和56年には安井賞も受賞したが、昭和60年に38歳の若さで亡くなった。

有元利夫「秋の風」
有元利夫「秋の風」
有元利夫作品の査定のポイント

その作家それぞれに買取価格が決まるポイントがあります。有元利夫の買取ポイントは下記の通りです。

【テーマ・図柄】Q:高く売れる図柄はありますか?
美術品は描いてある図柄によって、評価が大きく変わります。
やはりその作家の人気テーマのほうが評価額も高いものです。
有元利夫は、短い生涯のなかで、女神のような人物像を描き続けました。
画業も10年ほどでしたので、作品数も多くはなく、どのような作品であっても人気が高い作家といえます。

【出来栄え】Q:制作年代は買取価格に影響しますか?
同じ作家のものでも、どうしても出来栄えは作品や年代によって異なります。
描きこみのこまかいものや、その本人の全盛期の作品は評価が高くなります。
しかし、有元利夫は38歳の若さで亡くなっており、
画業が非常に短い作家ですので、制作年代が評価に直結することはあまりないでしょう。
むしろ、いつ制作されたものであっても、作品一点一点が貴重ですから、
状態の良い作品であれば、いずれも良い評価をつけることが可能でしょう。

【状態】Q:状態が悪い場合、直してから出したほうが評価は上がりますか?
美術品を評価するうえで状態はとても重要です。
ヤケやシミ、破れなどがある場合はその分評価が下がってしまいます。
ただ、額が傷んでいても、絵柄自体の評価はほとんど変わりませんので、
ご自分で直さず、そのままお持ちください。

【サイズ】Q:作品は大きければ大きいほど評価額も高くなりますか?
よく号あたりいくらという美術関係の本がありますが、
「号あたり」価格は売買の実態とは遠く離れているのが実態です。
また、大きさと価格についてですが、すべて比例するわけではなく、
4号以下のもの(1号やS.M.など)などは割高傾向にあり、
また、極端に大きなものは反比例することすらあります。

【共箱、共シール】Q:その他評価に影響するポイントはありますか?
共箱、共シールは作品を高く評価する上で重要な要素です。
共箱とは掛軸の箱に作家自身が作家名、タイトルを書いたものです。
共シールは、作家のサインと作品名が記されるとともに印が押されたシールで、額の後ろに貼られています。
いずれも作家自身がその作品の制作を認めたしるしとして、真贋を見極める際、大変重要です。

有元利夫の作品例一覧
有元利夫の査定・お問い合わせ

査定、ご相談はお電話(03-3569-3620)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 03-3569-3620 受付:年中無休10:00~18:00

CPI SSL サーバー証明書

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名有元利夫
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×