鳥海青児

ちょうかいせいじ
洋画家 1902(明治35) - 1972(昭和47)

本名正夫。中学時代から油絵を学び、卒業の翌年1922年から青児と名乗る。関西大学経済学部に在学中、第二回春陽会展に『平塚風景』等を出品し入選。1924年、三岸好太郎らと麓人社を結成。また、岸田劉生と知り合い、冬菜の号を受ける。1930年に渡欧、ゴヤ、レンブラントらの作品に感銘を受ける。1933年の帰国後は春陽会会員になり、砂と絵の具を混ぜて使用した作品などを発表し、いわゆる日本的でない作家として注目される。1943年に独立美術協会会員、以後独立展に出品。また、日本、東洋の古美術品にも強い関心を寄せ、収集家としても知られる。

花の図
花の図
鳥海青児作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
 日動画廊
鳥海青児の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名鳥海青児
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×