長谷川利行

はせがわとしゆき
洋画家 1891(明治24) - 1940(昭和15)

中学時代から文学に傾倒し、同人誌に小説、詩、短歌を多くのせる。中退後は歌集を私家出版。1921年に上京、『講談雑誌』に大衆小説を発表する傍らで絵画制作にも励む。1923年、第一回新光洋画展に『田端変電所』が入選。その後京都へ移住するが、1926年に再度上京し、二科展への出品を続ける。1932年に田中陽のアトリエに仮寓したころから放浪生活に入り、1936年から38年まで毎年個展を開催。自由奔放で純度の高いフォーヴィズム的画風を示す。

カフェ・オントリオ内のスタン
カフェ・オントリオ内のスタン
長谷川利行作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
 長谷川利行の会
長谷川利行の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名長谷川利行
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×