小磯良平

こいそりょうへい
洋画家 1903(明治36) - 1988(昭和63)

大正11年、東京美術学校西洋画科に入学。在学中に帝展に入選を果たし、西洋画科を主席で卒業する。昭和3年渡仏し、パリのグラン・ショーミエールに通う。帰国後は滞欧作などを官展に出品し高い評価を得るが、昭和11年の文展の発足とともに官展から離れ、新制作派協会を結成。戦時中は上海、ジャワなどに赴き戦争画を描く。戦後は東京芸術大学の教授、退官後は名誉教授となる。

小磯良平「人形」
小磯良平「人形」
小磯良平作品の査定のポイント

その作家それぞれに評価額が決まるポイントがあります。

【テーマ・図柄】Q:高く売れる図柄はありますか?
美術品は描いてある図柄によって、評価が大きく変わります。やはりその作家の人気テーマのほうが評価額も高いものです。小磯良平は人物画を得意とした作家です。美しい女性像が最も評価が高いのは当然ですが、その中でもより洗練された日本女性のものに人気が集まります。極めて高く評価されています。当然ながら、モノクロよりカラー、デッサンやクレパスよりも油彩画の評価が高いです。また、銅版画などもよくあり、それほど高価ではないものの一定の評価があります。

【出来栄え】Q:制作年代は評価に影響しますか?
一般論としては、同じ作家のものでも、出来栄えは作品や年代によって異なり、描きこみのこまかいものや、その本人の全盛期の作品は評価が高くなります。ただし、小磯良平の作品は年代関係なく、とにかく極めて上手いので、あまり年代は関係ないかもしれません。

【鑑定書】Q:鑑定書がありません。取ってから持ち込んだほうが良いですか?
小磯良平の場合、「小磯良平鑑定委員会」で鑑定・登録を行っています。
ただし、困ったことに、この鑑定証の偽物も多数出回っています。小磯の人気が高いことの証左ですが、売買の際は注意が必要です。
鑑定書の添付されていない場合ですが、明らかな贋作の場合は出さないほうが余計なお金を使わなくてすみます。まずはご不明な点がございましたら秋華洞にご相談下さい。

小磯良平作品の所定鑑定人・鑑定機関
 小磯良平鑑定委員会
小磯良平作品の相続

秋華洞では、小磯良平作品の買取だけでなく、相続査定評価書の作成も行っています。
相続や企業様の美術品評価が必要な場合はお気軽にご相談ください。

小磯良平の査定は秋華洞にお任せください

昭和の洋画壇を代表する小磯良平は弊社でもご相談が多い作家です。油絵の他、鉛筆や木炭によるデッサン、銅版画やリトグラフといった版画作品も流通していますが、いずれも査定いたします。ただ、人気ゆえに贋作も多く見受けられ、鑑定書の偽物も出回っていることも小磯良平の買取で悩ましい点です。明らかな贋作はプロが見ればすぐわかります。

小磯良平の作品を大事にしていただける次の所有者をお探しするのが私どもの仕事です。小磯作品のご売却、お取引の際は、ぜひとも私どもにご相談ください。

小磯良平の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名小磯良平
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×