岡鹿之助

おかしかのすけ
洋画家 1898(明治31) - 1978(昭和53)

父は劇作家岡鬼太郎。岡田三郎助に師事。大正13年東京美術大学を卒業後、渡仏。 翌年、サロン・ドートンヌに「風景」を出品し、入選する。その展覧会場で自らの作品のマチエールが西洋絵画のそれに比べて劣ることに悩み、顔料、キャンバスについての基礎的な学習に取り組み、独自の点描技法を始める。日本からの渡欧作家の多くが筆致の強調によるフォーヴ的な感情表現に傾いていった中で、日本人の苦手とする知的な分析に基づいた画面構成を目指した岡は、特異な存在と言えよう。昭和14年に帰国、翌年春陽会会員となり、静謐で詩情に満ちた幻想的な風景画を多く残した。昭和39年日本芸術院賞受賞。 同43年同会会員となり、文化勲章を受章した。

岡鹿之助「遊蝶花」(下関市立美術館蔵)
岡鹿之助「遊蝶花」(下関市立美術館蔵)
岡鹿之助作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
岡鹿之助の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名岡鹿之助
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×