東郷青児

とうごうせいじ
洋画家 1897(明治30) - 1978(昭和53)

青山学院中等部在学中より早熟な画才を発揮。初の個展(大正4年)でわが国におけるキュビストの登場として注目され、有島生馬に師事。大正10年から昭和3年までのヨーロッパ遊学中に未来派やダダ等の前衛芸術運動に参加するも、具象作品へと回帰。独自のロマンティックな画風で描いた夢見るような女性像で一世を風靡する。戦後再興に尽力した二科会の会長を昭和36年から没するまで務め、美術を通じた国際交流にも尽くし海外から勲章を受けるほか、国内でも日本芸術院賞を受賞、文化功労者として顕彰される。晩年は彫塑制作にも励む。

東郷青児「青い花」
東郷青児「青い花」
東郷青児作品の査定のポイント

その作家それぞれに評価額が決まるポイントがあります。

【テーマ・図柄】Q:高く売れる図柄はありますか?
美術品は描いてある図柄によって、評価が大きく変わります。やはりその作家の人気テーマのほうが評価額も高いものです。東郷青児の場合、時期で言うと晩年、「目をつぶっている」婦人像が人気が高い傾向にあります。また、背景にお城が描かれているものも人気です。

【出来栄え】Q:制作年代は評価に影響しますか?
同じ作家のものでも、どうしても出来栄えは作品や年代によって異なります。描きこみのこまかいものや、その本人の全盛期の作品は評価が高くなります。

【鑑定書】Q:鑑定書がありません。取ってから持ち込んだほうが良いですか?
東郷青児の場合、「東郷青児鑑定委員会」で鑑定・登録を行っています。
弊社では鑑定書取得の代行もいたします。明らかな贋作の場合は出さないほうが余計なお金を使わなくてすみます。まずはご不明な点がございましたら秋華洞にご相談下さい。

東郷青児作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東郷青児鑑定委員会
東郷青児の作品例一覧
東郷青児作品の相続

秋華洞では、東郷青児作品の買取だけでなく、相続査定評価書の作成も行っています。
相続や企業様の美術品評価が必要な場合はお気軽にご相談ください。

東郷青児の査定は秋華洞にお任せください

デフォルメされた幻想的な婦人像で人気の東郷青児は弊社でもご相談が多い作家です。東郷青児作品は油絵のほか水彩、デッサン、ブロンズ、版画いずれも査定いたします。ただ、人気ゆえに贋作も多く見受けられることも東郷青児の買取で悩ましい点です。明らかな贋作はプロが見ればすぐわかります。複製かどうかわからない場合もぜひご相談下さい。

東郷青児作品の売却・購入の相談は多数の取扱実績を持つ私どもにおまかせ下さい。

査定写真の撮り方
東郷青児の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名東郷青児
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×