山本芳翠

やまもとほうすい
洋画家 1850(嘉永3) - 1906(明治39)

1867年、京都で南画を学び、1871年横浜に出て五姓田芳柳に接し洋画を志す。翌年芳柳門下となり芳翠と号す。1878年渡仏、パリで官学派のジャン・レオン・ジェロームに師事し、フランス新古典主義の画風を身につけ、ロココの画風にも関心を示す。留学後期には国内画壇に役立たせるべくルーヴル等での模写に励んだが、その大半は荷積みした船の沈没により失われた。1888年帰国、芝区に生巧館学校をおこし、我が国最初のフランス流西洋画法を教える。1889年の明治美術会の創立にも参加。1894年には黒田清輝の天真道場に生巧館を譲り、また、黒田らの白馬会創立には会員として参加する。

西洋婦人像
西洋婦人像
山本芳翠の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名山本芳翠
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×