ラグーザ玉

らぐーざたま
洋画家 1861(文久元) - 1939(昭和14)

本名清原多代。小学校入学の頃から横浜絵を描いていた画家小林栄洲に学び、永寿の号を受ける。1877年、イタリアから招かれていたヴィンチェンツォ・ラグーザに西洋の絵画技法を学び始め、1882年、彼の帰国とともにイタリアに渡る。パレルモ大学美術専攻科に入学し、サルバドーレ・ロ・フォルテに師事する。その後、ラグーザが教授を務める美術工芸学校の女子部の絵画指導をおこない、1887年にはエレオノーラと改名。ラグーザの没後もパレルモにとどまったが、1933年に帰国、東京の芝にアトリエを構える。

薔薇
薔薇
ラグーザ玉の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名ラグーザ玉
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×