安井曽太郎

やすいそうたろう
洋画家 1888(明治21) - 1955(昭和30)

1904年、洋画家を志して聖護院洋画研究所に入り、すでに入所していた梅原龍三郎とともに浅井忠に師事。 1906年、同施設の発展解消に伴い関西美術院に移る。1907年、津田青楓に同行して渡仏、パリのアカデミー・ジュリアンに入学しジャン・ポール・ローランスに師事する。1910年にはアカデミーを離れ、セザンヌに最も傾倒する。1914年、ロンドンを経由して帰国。関西美術院で指導にあたる一方、二科会会員にも推挙され、二科展への出品を続ける。1933年には梅原らと清光会会員になり、また1935年に帝国美術院会員に挙げられたのを機に二科会を離れ、一水会を結成。1944年、東京美術学校教授に就任、戦後は日本美術家連盟の初代会長に推される。1952年、東京芸術大学を退官、同年に文化勲章受賞。

赤衣婦人立像
赤衣婦人立像
安井曽太郎作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
安井曽太郎の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名安井曽太郎
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×