野間仁根

のまひとね
洋画家 1901(明治34) - 1979(昭和54)

1919年に上京、翌年川端画学校に入り、東京美術学校西洋画科に入学。在学中に伊藤簾らと童顔社を結成。 1924年、第十一回二科展に『静物』が初入選、その後も二科展への出品を続ける。1933年、二科会会員。坪田譲治や井伏鱒二らの新聞連載小説の挿絵でも活躍する。1955年、二科会を退会し、鈴木信太郎らと一陽会を結成。以後、同会を中心に活動を続ける。ユーモラス、幻想的な画風に特色がある。

薔薇
薔薇
野間仁根作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
野間仁根の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名野間仁根
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×