木下孝則

きのしたたかのり
洋画家 1894(明治27) - 1973(昭和48)

弟は洋画家の木下義謙。大正7年に京都帝大法科、翌年東京帝大哲学科を中退するが、この頃から油絵を描き始める。大正10年には二科展に初入選を果たす。昭和3年に渡仏しサロン・ドートンヌに出品、同10年に帰国。帰国後は二科会会員に推されたが、すぐに退会、昭和 11年の一水会創立に参加する。特に戦後のバレリーナを題材として一連の作品で知られる。

花瓶の花
花瓶の花
木下孝則の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名木下孝則
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×