萬鉄五郎

よろずてつごろう
洋画家 1885(明治18) - 1927(昭和2)

少年時代に日本画、水彩画を独習。1905年、早稲田中学校通学の傍ら、本郷菊坂の白馬会第二洋画研究所でデッサンを学ぶ。翌年渡米し、東部での美術研究を志したが果たせず壮年中に帰国。1907年、東京美術学校西洋画科予備科に入学、在学中に広島晃甫らと共に、後期印象派の影響を反映したアブサント会を結成。日本フォーヴィズムの先駆的作品を制作する一方、島村抱月の芸術座第一回公演の舞台装置制作も手がけている。1914年から二年間郷里の土沢に暮らし、キュビスムを独自に消化した個性的作風へと移行する。再上京後は茅ヶ崎に静養し、その後は水墨画を描き文人画に興味を寄せるようになる。1922年、画会鉄人会を起こす。

風景
風景
萬鉄五郎作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
 日本洋画商協同組合
萬鉄五郎の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名萬鉄五郎
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×