中山忠彦

なかやまただひこ
洋画家 1935(昭和10) -

1953年上京。伊藤清永に師事し、阿佐ヶ谷洋画研究所に通う。
1954年第10回日展にて「窓辺」が初出品で初入選。 1955年白日展で「裸婦」「黄衣」が船岡賞受賞。1968年大阪・日仏画廊で初個展。 1968年日展にて「椅子に倚る」が特選受賞。 1980年「妝う」が白日展内閣総理大臣賞受賞。
1987年 日展会員となる。 1990年 「青衣」で日展会員賞受賞。 1996年 「華粧」で内閣総理大臣賞受賞。 1998年 「黒扇」で日本芸術院賞受賞。日本芸術院会員となる。 2001年 日展事務局長就任。
現在は白日会常任委員、日本美術家連盟委員。

中山忠彦の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名中山忠彦
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×