浜口陽三

はまぐちようぞう
洋画家 1909(明治42) - 2000(平成12)

1915年、実家のある千葉県銚子に移り、1927年に東京美術学校塑造部に入学。1930年中退して渡仏、パリを中心に油彩画を制作してサロン・ドートンヌなどに出品する。1937年、自由美術家協会創立に参加、同年には最初の銅版画「猫」を制作する。1939年には第二次大戦のため帰国し、戦後は本格的に銅版画制作を開始する。1953年に再び渡仏、浜田知明らと日本銅版画協会を結成する。1955年から独自のカラー・メゾティントを開発し、1957年のサンパウロ国際版画ビエンナーレ展において日本人として初めて大賞を受賞するという快挙を成し遂げる。 1970年頃からは眼疾のためリトグラフを集中的に制作。1981年にはサンフランシスコへ移住するが、最晩年は日本ですごした。

緑の毛糸
緑の毛糸
浜口陽三の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名浜口陽三
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×