東洲斎写楽

とうしゅうさいしゃらく
浮世絵師・版画家 生没年不詳 -

生没年不詳。 江戸の浮世絵師。 寛政6年(1794)役者似顔絵大首絵を版元・蔦屋重三郎から刊行して衝撃的にデビューし、その後も蔦屋から役者絵を中心に錦絵を刊行するが、およそ10ヶ月の期間内に集中しており、その後の消息は不明である。 蔦屋が無名の新人の作を多く出版したのは何故か、短期間に活動をやめてしまったのは何故かなどといった点が謎解きの興味を生み、別人説の候補として浮世絵師の葛飾北斎、喜多川歌麿、作家の十返舎一九、俳人の谷素外など、多くの人物の名が挙げられてきたが、未だ謎に包まれている。

嵐龍蔵の金貸し石部金吉
嵐龍蔵の金貸し石部金吉
東洲斎写楽の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名東洲斎写楽
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×