鈴木春信

すずきはるのぶ
浮世絵師・版画家 1725?(享保10?) - 1770(明和7)

江戸神田白壁町(現在のJR神田駅周辺)に住む。 伝記には未詳な点が多く、特に制作を始める30代以前の動向は謎包まれている。 春信の描く世界はユニセックスな魅力に満ちている。ドラマティックな演出や華奢な体つきの春信美人は、明和(1764~1772)の浮世絵会一大旋風を巻き起こした。錦絵の創始、見立絵の制作、好事家との交流など、短い作画期間にも関わらず、後の浮世絵会に影響を与える幅広い活動を行った。

桜花の蹴鞠
桜花の蹴鞠
鈴木春信の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名鈴木春信
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×