河鍋暁斎

かわなべきょうさい
日本画家 浮世絵師・版画家 1831(天保2) - 1889(明治22)

歌川国芳に師事し、その後駿河台狩野家前村洞和及び狩野洞白に師事。狩野派としてのアイデンティティを誇りながらも狂画を描き、政治批判をしたとして投獄される。出獄後は暁斎と号した。反骨精神に溢れ、画域の広さと技量には定評がある。

河鍋暁斎「元禄日本錦 堀部安兵衛武庸」
河鍋暁斎「元禄日本錦 堀部安兵衛武庸」
河鍋暁斎の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名河鍋暁斎
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×