加山世界の評価は今も非常に高く、コレクター・美術館からの強いニーズがあります。作品をお持ちでしたらぜひお譲り下さい。
加山又造は日本画という存在の可能性を極限まで追求した画家です。優品が出てくることは稀ですが、それだけにコレクター・美術館から強いニーズがあります。
ご売却やご購入をご検討の際は、私ども【絵画骨董買取プロ・秋華洞】がお役に立ちます。

加山又造

かやままたぞう
日本画家(明治以降) 1927(昭和2) - 2004(平成16)

京都に生まれる。父は西陣織の衣装図案家、祖父は狩野派の絵師。京都市立美術工芸学校、東京美術学校日本画科を卒業。昭和24年山本丘人に師事。昭和25年創造美術展に初入選。日本画の革新を目指し、斬新な発想と動的な描写で早くから注目される。昭和34年石本正、横山操とともに轟会を結成。大和絵や琳派といった伝統的な様式美にこだわりながら、現代的な感覚を盛り込み、華麗で装飾的な作品を生み出した。昭和39年多摩美術大学で教鞭をとる。この頃より古画に倣った装飾的な屏風シリーズ始まる。昭和49年創画会の創立に参加。昭和55年芸術選奨文部大臣賞受賞。昭和63年東京藝術大学教授就任。平成9年文化功労者に選ばれ、平成15年文化勲章を受章。東京芸術大学名誉教授。

加山又造
加山又造

加山又造の仕事について

加山又造「春秋波濤」(部分)
加山又造「春秋波濤」(部分)国立近代美術館蔵

加山又造は、「日本画」という存在の可能性を押し広げるために格闘して精神的にも技術的にも幾つもの<最高峰>の芸術を生み出しました。<日本画>の可能性を極限まで追求した最後の画家、といってもいいかもしれません。
加山がデビューしたのは、「日本画滅亡論」が唱えられていた戦後すぐの時代でした。敗戦で打ちひしがれ、アメリカ文化が怒涛のごとく押しよせ、かつて巨大な綺羅星のごとく輝いていた日本画の誇りは色褪せ、不毛な形式主義に過ぎない、という言説がマスコミや言論界を賑わせていました。
明治維新のときにその場所を見失った日本の芸術家たちは、岡倉天心という理論の支柱を得て、「日本画」という存在に輝きを取り戻しましたが、「戦後」という時代は、日本画というものがそもそも存在してよいのか、という自問を再び、余儀なくされたのです。

加山は祖父が円山・四条派の画家、父親が西陣織の図案師という家系に生まれ、「美しく飾る」という仕事のプライドを自然に持つことができた環境に恵まれました。

「日本画」というのは単にいちジャンルの名称というだけでなく、日本という芸術豊かな国に育まれた日本人が、日本人としての「自分らしさ」というものを追求する「場」としての名称でもあります。「自分らしさ」というものは「その時代」に生まれた自分ならではのものでもあるでしょうし、「その場所」に生まれた必然を追求するものでもあるでしょう。

加山又造の初期作は数百万から数千万円

加山又造「冬」
加山又造「冬」国立近代美術館蔵

加山又造の初期作は、ミロ、ピカソ、ルソー、そしてブリューゲルの影響を受けた動物作品群で始まります。直線を強調した厳しい作風は、孤独と厳しい自意識を感じさせます。
どちらかといえば温和な表現を好むいわゆる「日本画」から見ると奇異にさえ感じられる加山の初期作は、しかしかえって今でも古びない価値を感じさせます。当時の代表的なモチーフは、カラス、そして狼でした。
その時期の代表作ともいえる作品が1957年の「冬」でしょう。ブリューゲルの構図に影響を受けたと言われる本作は、たしかに画面構成がよく似ていますが、画面から受けるニュアンスは、かなり異なります。

この時期の作品は、大きさや構図によってかなり異なるものの、数百万から数千万の評価をできるものがあるでしょう。

1960年代の作品は数千万レベルの優品が多く、家庭サイズは数百万円から

加山又造「春秋波濤」
加山又造「春秋波濤」

1960年代の加山の興味は、日本絵画の原点に移っていきます。すなわち、俵屋宗達・尾形光琳に代表される「琳派」の系譜です。日本絵画の装飾性と様式美の源流として「琳派」に着目したのは、染め物に携わった父親を持ち、そもそも呉服商の息子として染め物のデザインセンスを持った尾形光琳の類似を考えたときに必然だったと言えるかも知れません。また、生涯加山に影響を与えた美術商、村越伸の示唆もあったのではないかと思われます。この時代の代表作は大阪金剛寺の重要文化財、「日月山水図屏風」に想を得たと言われる「春秋波濤」でしょう。

もうマーケットに出てくることはありませんが、評価するならば数億はするでしょう。この時代の優品は数千万の評価が尚あると思われます。小さい家庭サイズのものは数百万のものもあるでしょう。

ヌードの鉛筆デッサンは数十万円

加山の興味はさらに驚くべきことにヌードにも行きます。裸の女たちを捉える加山又造の線は、それぞれの女性の素顔というよりは、美の原点を探る手付きでした。女性たちは一種の「モード」として再構成されたもののように見えます。日本画の一種の伝統ともなった「美人画」の系譜とは遠く離れた超モダンとも言うべき加山のヌードは、他のどの画家にも似ていないものでした。1970-80年代のこのテーマの作品は、ほとんど市場に出てきませんが、鉛筆デッサンなどは多数あり、こちらは数十万です。比較的売買しやすい値段と言えるでしょう。

「猫」のモチーフは数千万や億以上の高価格で取引

動物好きであった加山が、画業の中盤以降しばしば描いたのが「猫」でした。写実的と言うよりは加山らしい横顔のキャラクターとして構成されたシャム猫は優美な姿で加山の画面に登場します。こちらは大変に評価が高く、数千万や億以上の評価ができるものも少なくありません。同時に「牡丹」のモチーフも奥深い華やかさを備えており、こちらも数百万の評価があります。

加山のもうひとつの側面は、雪山、動物、波などのモチーフで展開する水墨画のシリーズです。若い時期の鋭い厳しさと円熟した様式美が融和して荘厳な雰囲気を伝えます。日本画という様式を究極まで追求したのが墨と胡粉だけで表現するこの最も日本的表現の原点であるこのシリーズかも知れません。

銅版画は10万から50万円、リトグラフ等も買取ります

また加山はオリジナル版画にも力を入れます。多くの日本画家は、じぶんの描いた日本画を材料として提供するだけで、複製的版画を美術商が出版することが多いのですが、加山は自身が深く携わる創作版画的な仕事にもこだわり、主として銅版画の制作もしました。黒バックに昆虫などのモチーフが展開する加山の銅版は静かで幽玄な世界を構成しています。評価は10万から50万位のものが多いでしょう。もちろん、それのみならず、原画提供によるリトグラフ・シルクスクリーン・木版なども多数出版されています。

その他、スプレーを使った技法を開発し、これは現在の千住博の作法にも繋がりますし、晩年はコンピューターを使った日本画にも興味を示しました。モチーフも技法も多彩で、この他には陶芸の絵付けや、車のペインティングなど、日本画家という枠にはとどまらない魅力のある作家です。

加山又造「蛾」
加山又造「蛾」

動画で解説 加山又造の評価

東京にて加山又造作品を積極的に扱っております
ブリューゲル「雪の狩人」に影響を受けた初期作
加山琳派・水墨の近代文脈の中での再評価

加山又造作品の相続・評価書作成について

絵画骨董買取プロby秋華洞では、加山又造作品の買取だけでなく、時価査定評価書の作成も行っています。
個人の皆様には、相続などで税務申告の際にもご活用いただける正式なフォーマットをご準備しています。
また企業・法人様には、資産管理用の美術品評価書を会社や倉庫にお伺いして調査してお答えします。
ご指定の書式に準じますので、美術品の評価についてもお気軽にご相談ください。

美術品の売却は、ぜひ信頼できる美術商をお選びください

社長 田中千秋
社長 田中千秋

弊社では美術品を売るときも、買うときも、それきりでなくて、一生のお付き合いを考えています。さらには、世代を超えて、代々お付き合いできる関係を目指しております。
スタッフにも「ともかくたくさん買えば良い」ではなくて、「お客様にどうしたら、最も、お役に立てるのか、考えて動きなさい」と伝えています。

本当にお客様の心に寄り添う
一生のお付き合いをする

そういう美術商として、みなさんとお付き合いできれば、と考えております。

加山又造の査定・お問い合わせ

加山又造の査定・お問い合わせはこちらよりお申込み下さい

ご相談はお電話(0120-126-510)、メールLINEからも承ります。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00