加山又造

かやままたぞう
日本画家 1927(昭和2) - 2004(平成16)

父は西陣織の衣装図案家。京都市立美術工芸学校、東京美術学校を卒業。山本丘人に師事。昭和25年創造美術展に初入選。日本画の革新を目指し、斬新な発想と動的な描写で早くから注目される。昭和34年石本正、横山操とともに轟会を結成。大和絵や琳派といった伝統的な様式美にこだわりながら、現代的な感覚を盛り込み、華麗で装飾的な作品を生み出した。昭和49年創画会の創立に参加。  平成9年文化功労者に選ばれ、平成15年文化勲章を受章。東京芸術大学名誉教授。

加山又造「華と猫」
加山又造「華と猫」
加山又造の作品例一覧
加山又造の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名加山又造
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×