横山操

よこやまみさお
日本画家 1920(大正9) - 1973(昭和48)

日本画家。新潟県に生まれる。中学校を卒業後、画家を志し上京、洋画家石川雅山の内弟子となり昭和13年光風会第25回展に入選するが、翌14年雅山のすすめで日本画に転向、川端画学校に学ぶ。この年院展に初入選、15年には青龍社展に入選するが召集され、敗戦後はシベリヤで抑留生活を送り、25年に帰国した。その後青龍会を中心に入賞を重ね、従来の日本画の枠にとらわれない黒を多用した大胆な大作をつぎつぎに制作。 37年青龍社を脱退。40年から加山又造とともに多摩美術大学日本画科で指導にあたる (41年から教授)。豪放な大作を次々と発表し、戦後日本画の革新をめざして個性的な軌跡を残した。

横山操「朝富士」
横山操「朝富士」
横山操作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
横山操の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名横山操
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×