堂本印象

どうもといんしょう
日本画家 1891(明治24) - 1975(昭和50)

本名三之助。明治43年京都市立美術工芸学校図案科を卒業、京都西陣の図案を手がけるが、大正7年日本画を志して京都市立絵画専門学校に入学する。在学中の8年第1回帝展に初入選、翌9年西山翠嶂の画塾青甲社に入門する。大正11年九名会に参加、12年に中国を訪れる。昭和5年市立美術工芸学校教諭となり、8年画塾東丘社を創設する。また京都・大徳寺、仁和寺など寺院の襖絵・天井画・柱絵を数多く手がける。助教授を経て11年京都市立絵画専門学校教授となり、19年帝室技芸員となる。戦後は現代風俗をテーマに作品を手がける。27年ヨーロッパを旅行。訪欧後、抽象絵画に挑み、パリやニューヨークでも抽象画の個展を開催、国際的にも高い評価を得る。33年日展の発足にあたり理事となり、36年文化勲章を受章、文化功労者となる。

堂本印象「秋色」
堂本印象「秋色」
堂本印象作品の所定鑑定人・鑑定機関
 堂本印象鑑定委員会
堂本印象の作品例一覧
堂本印象の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名堂本印象
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×