安田靫彦

やすだゆきひこ
日本画家 1884(明治17) - 1978(昭和53)

東京日本橋に生まれる。本名新三郎(しんざぶろう)。明治30年日本絵画協会絵画共進会に出品された横山大観らの作品を見て画家を志し、31年小堀鞆音に入門する。第1回院展で入選、磯田長秋らと紫紅会を結成、33年今村紫紅を紫紅会に迎えて紅児会と改称する。35年鞆音らの歴史画風俗画研究会に参加、40年文展の開設にあたり国画玉成会の創立に評議員として参加、第1回文展で入選する。44年原三渓の保護を受け、小田原に転居する。大正元年神奈川県大磯町に転居、大正7年ごろから良寛の研究に手を染める。昭和19年東京美術学校教授となる。戦後は23年文化勲章を受章。気品の高い名品の数々によって、古径、青邨とともに近代日本画のもつ芸術性をより高いものとした。

飛鳥の春の額田王(滋賀県立近代美術館所蔵)
飛鳥の春の額田王(滋賀県立近代美術館所蔵)
安田靫彦作品の所定鑑定人・鑑定機関
 安田建一
安田靫彦の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名安田靫彦
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×