東山魁夷

ひがしやまかいい
日本画家 1908(明治41) - 1999(平成11)

昭和期を代表する日本画家。横浜に生まれるが、3歳の時家族とともに神戸へ移住。中学卒業前には画家になる決心をし、東京美術学校日本画科に入学。昭和6年卒業、引き続き研究科にすすみ結城素明に師事。昭和8年研究科を修了後、ベルリンに留学。昭和22年第3回日展で特選を受賞。以後風景画家として立つことを決意する。深い精神性を宿した、平明で静謐な風景画に本領を発揮した。昭和44年文化勲章受賞。

東山魁夷「春兆」(東山魁夷館蔵)
東山魁夷「春兆」(東山魁夷館蔵)
東山魁夷作品の査定のポイント

その作家それぞれに評価額が決まるポイントがあります。

【テーマ・図柄】Q:高く売れる図柄はありますか?
美術品は描いてある図柄によって、評価が大きく変わります。やはりその作家の人気テーマのほうが評価額も高いものです。東山魁夷の場合、人気が高いのはやはりブルーの森林を描いた作品でしょう。リトグラフになっているものの多くはそうしたものか、あるいはそれに湖や白馬をあしらったものですね。人気の高いものほどリトグラフになりやすいと考えることができます。東山の描いた風景は季節も切り取り方もモチーフも多岐にわたり、一定の枠におさまらないところが魅力でもあります。

【シルクスクリーン・リトグラフ】Q:版画作品でも評価してもらえますか?
シルクスクリーンやリトグラフの作品であっても評価額をお出しできます。遠慮なくご相談下さい。他の画家に比較するとかなり評価が高い場合があります。

【サイズ】Q:作品は大きければ大きいほど評価額も高くなりますか?
よく号あたりいくらという美術関係の本がありますが、「号あたり」という言い方は東山の場合当てはめるのは無理があるでしょう。ただ、大きなサイズの作品の方が比較的評価が高い傾向は当然あると思います。

【額】Q:額は評価に影響しますか?共シール・共箱は?鑑定証は?
額そのものは査定評価額の対象にはなりません。ただ、東山の場合、殆どは有名な高級額装に入っています。
また、作家のサインと作品名が書かれ、印が押された「共シール」「共箱」は作品を高く評価する上で重要な要素です。額の裏に共シールが貼られていましたら、こちらの写真もお送りください。また、現在東山魁夷は鑑定登録制度が整備されており、ほとんどの作品が全集に網羅されており、所収の作品には鑑定証が添付されています。また、未収の作品も新たに鑑定登録の作業が必要になります。東山先生が存命の時代に売られたものは当然鑑定証が付与されていませんので、そのような作品をお持ちの場合はご相談下さい。

東山魁夷作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
東山魁夷の作品例一覧
東山魁夷作品の相続

秋華洞では、東山魁夷作品の買取だけでなく、相続査定評価書の作成も行っています。
相続や企業様の美術品評価が必要な場合はお気軽にご相談ください。

東山魁夷の査定は秋華洞にお任せください

東山はもっとも人気の高い日本画家であり、その複製作品でさえ百貨店などで高額で発表されており、貴重なその作品は、何千万とすることも珍しくありません。それだけに慎重な査定・鑑定が必要になります。

東山魁夷作品の保管・売却・購入の相談は多数の取扱実績を持つ私どもにおまかせ下さい。

査定写真の撮り方
東山魁夷の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名東山魁夷
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×