青木大乗

あおきだいじょう
日本画家 1891(明治24) - 1979(昭和54)

日本画家。本名は精一郎、初号は宏峰。関西美術院で洋画、京都絵画専門学校で日本画を学ぶ。新しい日本画の創造を標榜して結城素明、川崎小虎とともに大日美術院を興したことでも知られる。同院解散後は無所属作家として個展の制作発表を中心に活躍。欧米や中国などを歴遊し、写実を基本に深い画趣をたたえる作品を数多く描いた。

青木大乗「鯛」
青木大乗「鯛」
青木大乗作品の所定鑑定人・鑑定機関
 青木母
青木大乗の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名青木大乗
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×