小川芋銭

おがわうせん
日本画家 1868(慶応4) - 1988(昭和13)

旧藩解体により、幼少の頃から働きながら本多錦吉郎に洋画を、また南画家抱朴斎に漢画を学ぶ。1893(明治26)年牛久に戻り、農事の傍ら茨城県の新聞『いはらき』や、幸徳秋水の『平民新聞』などに風刺漫画を掲載する。1917(大正6)年日本美術院同人に推され、以後院展に新南画風の作品の発表を続ける。農村・山水風景や、河童を主題に詩的・空想的な水墨画、淡彩画を描き、日本の風土に密着した画境を繰り広げた。また、独学で和漢洋の学を修め、書道・随筆・俳人としても優れた作品を残した。

小川芋銭「怒涛」
小川芋銭「怒涛」
小川芋銭作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
小川芋銭の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名小川芋銭
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×