奥村土牛

おくむらとぎゅう
日本画家 1889(明治22) - 1990(平成2)

明治38年、16歳で日本画家の梶田半古に入門し、塾頭格の小林古径に指導を受ける。雅号を土牛とした。1927年、38歳の時「胡瓜畑」で第14回院展に初入選し、以後撰画会展に入選を重ね、1932年、日本美術院同人となる。雅号「土牛」は、出版社を営んでいた父が寒山詩から引用してつけた。刷毛で胡粉などを何百回と塗り重ねることで生み出される、淡く澄んだ色調と洗練された構図による画風が特徴。 1962年文化勲章受賞。

奥村土牛「富士」
奥村土牛「富士」
奥村土牛作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
奥村土牛の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名奥村土牛
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×