山元春挙

やまもとしゅんきょ
日本画家 1871(明治4) - 1933(昭和8)

滋賀県膳所に生まれる。幼名寛之助。本名金右衛門。12、3歳のころ京都の野村文挙に師事、四条派を学ぶ。明治18年文挙の東京移住にともない森寛斎に師事、円山派を学ぶ。19年京都青年絵画研究会展で一等褒状を受け、京都博覧会で受賞を重ねる。その後も日本美術協会展、日本青年絵画共進会、内国勧業博覧会などで受賞を重ねる。32年京都市美術工芸学校教諭となり、33年画塾同攻会(42年に早苗会と改称)を設ける。風景画、山岳画に多くの名品を制作、明治後期から大正にかけて京都画壇の重鎮として竹内栖鳳とともに活躍、門下から多数の優れた画家を輩出した。

紅葉瀑布図
紅葉瀑布図
山元春挙の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名山元春挙
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×