寺崎広業

てらさきこうぎょう
日本画家 1866(慶応2) - 1919(大正8)

本名は広業(ひろなり)。字(あざな)は徳卿。明治16年狩野派の小室秀俊に学び、同21年に上京。平福穂庵に四条派を学ぶ。のち南画家の菅原白龍にも師事。明治24年、日本青年絵画協会の結成に参加。同29年には日本絵画協会結成に委員として参加し、のちに委員長となる。明治30年、東京美術学校助教授となるが、翌31年の東京美術学校騒動に際し、岡倉天心に殉じて辞職。その後日本美術院創立に参加し、正員となる。 34年、東京美術学校教授に復職。後進の育成にあたり、野田九浦、中村岳陵らの優れた画家を輩出する。第1回文展に代表作『大仏開眼』を出品。その後毎回欠かさず審査員として出品し、大正6年に帝室技芸員となる。四条派・南画を基礎にした風景画を中心に、多くの秀作を残した。

寺崎広業「秋草」
寺崎広業「秋草」
寺崎広業作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
寺崎広業の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名寺崎広業
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×