山口蓬春

やまぐちほうしゅん
日本画家 1893(明治26) - 1971(昭和46)

本名三郎。明治33年上京、大正3年東京美術学校西洋画科に入学。翌年の第9回文展で二等賞を受賞、また二科展でも入賞が続き油彩画で認められはじめていたが、7年西洋画科を退学して日本画科を受験し、合格する。 大正12年東京美術学校日本画科を主席で卒業、松岡映丘が主催する新興大和絵会同人となり、その定期展に出品を重ねる。昭和4年新設された帝国美術学校教授となり、5年六潮会の結成に参加。昭和40年文化勲章受章。伝統的な技法と澄んだ時代感覚を制作にとりいれ、新しい日本画を模索して独自の世界を創造した。

山口蓬春「市場」
山口蓬春「市場」
山口蓬春作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
山口蓬春の作品例一覧
山口蓬春の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名山口蓬春
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×