大橋翠石

おおはしすいせき
日本画家 1865(慶応元) - 1945(昭和20)

日本画家。本名卯三郎。南画家・戸田葆堂とその師天野方壺のもとで絵の手ほどきを受けたのち、渡辺小華に師事し、山水花鳥の描法を学ぶ。虎の絵を能くし、悠然とした虎の風格まで感じさせるその作品は、人をして「円山応挙ハ虎皮ヲ写シ、岸駒は虎頭ヲ写ス、翠石ノ斯ノ画ニ於ケル、遥ニ、二者ニ超越シテ、全身ノ活現毫モ間然スル所ナシ、ソノ手法ノ非凡ナル、古人亦遠ク逮ハス」と言わしめるほどであった。また昭和5年の『日本画家評価見立便覧』では「特別動物大家」として横山大観・竹内栖鳳に並ぶ評価を受けている。パリ万博、米国セントルイス万博、日英博覧会金牌受賞。

虎
大橋翠石作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
大橋翠石の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名大橋翠石
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×