社長 田中千秋
稲垣仲静作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で稲垣仲静買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし稲垣仲静の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

稲垣仲静

いながきちゅうせい
日本画家(明治以降) 1897(明治30) - 1922(大正11)

京都生まれの日本画家。本名は広太郎。父竹塢(ちくう)は日本画家・工芸図案家、弟は染織家・人間国宝の稲垣稔次郎。仲静は大正6年、京都市立美術工芸学校卒業後に京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)に進学。当時一学年上には前田荻邨や山口華楊、一学年下には堂本印象ら京都画壇の中心画家達が在籍していた。また印象派や後期印象派などの最先端の西洋画も学ぶ。在学中の大正8年、第2回国画創作協会展に出品した『猫』が初入選して画壇の注目を集める。卒業後の大正11年には福村祥雲堂が主宰する「九名会」のメンバーに選ばれ、同会展にも出品。同年、腸疾患のため他界。享年25歳。仲静が得意としたのは鳥や獣などを鋭い描線で描いた写生画。また彼が憧れていた画家はルネサンスの巨匠デューラーである。


稲垣仲静の査定・お問い合わせ

稲垣仲静の査定・お問い合わせはこちらよりお申込み下さい

ご相談はお電話(0120-126-510)、メールLINEからも承ります。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00