川端龍子

かわばたりゅうし
日本画家 1885(明治18) - 1966(昭和41)

太平洋画会研究所に学び、油彩画から画業を開始。渡米時、ボストン美術館で日本古美術に感銘を受け、帰国後、百穂・素明らの无声会に参加、日本画に転じる。 院展で活動するが、異端扱いされて脱退し「青龍社」を旗揚げ。以後「会場芸術」主義を唱え、「健剛なる芸術の樹立」を目指し、大作を次々発表する一方、門下に多くの画人を育てる。青龍社は後に院展,官展と並ぶ存在にまで成長する。(龍子の死後解散)強烈な個性で、因習に捉われることなく、日本画壇に大きな潮流を作り、流動感溢れる豪放な大作を数多く残した。

川端龍子「寒汀図」
川端龍子「寒汀図」
川端龍子作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
川端龍子の作品例一覧
川端龍子の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名川端龍子
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×