菱田春草

ひしだしゅんそう
日本画家 1874(明治7) - 1911(明治44)

本名三男治(みおじ)。23年東京美術学校に入学、同期の天草神来と親交、川端玉章の指導を受け、28年同校絵画科の第二期生として卒業、卒業制作で最優等となる。古画の模写に従事するとともに日本絵画協会展で受賞を重ね、29年から母校東京美術学校嘱託として予備課程を担当するが、31年校長岡倉天心に殉じて同校を連快退職、日本美術院の創立に参加、正員となる。春草の新しい大胆な試みである没線描法は朦朧体と酷評される。36年大観とインドを旅行、37年天心、大観らと渡米し、ヨーロッパを経て翌年帰国する。39年日本美術院の五浦移転とともに同地に移住し、制作活動を行う。41年眼病のため五浦を去り東京で静養する。伝統的な日本画の世界に斬新な技法を導入し、近代日本画の発展につくしたが、病状がすすんで視力が衰え、明治44年に東京代々木で急逝。享年36才。

菱田春草「水鏡」
菱田春草「水鏡」
菱田春草作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
菱田春草の作品例一覧
菱田春草の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名菱田春草
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×