小茂田青樹

おもだせいじゅ
日本画家 1891(明治24) - 1933(昭和8)

明治41年、画家を志して上京、松本楓湖の主宰する安雅堂画塾に入門する。大正2年の第13回巽画会に空明の号で出品し、3等賞をえた「野趣四題」で注目され、翌年今村紫紅を中心とする青年画家たちにより結成された赤曜会に参加、号を青樹と改めた。大正5年紫紅の死去により赤曜会の活動は終息するが、その後もメンバーは目黒派と呼ばれ注目される。大正4年の第3回院展に「金沢八景」を出品し、八景のうち「小泉夜雨」が初入選。第5回院展には「菜園」が入選。狭山へ居を移し、武蔵野の風景を題材に写実を基調とした濃密な画風を築く。大正10年の第8回院展に出品した「出雲江角港」で、認められ日本美術院同人に推挙される。以後、昭和6年の「虫魚画巻」出品にいたるまで院展で活躍する。昭和8年、42歳の若さで没した。

水邊夏趣
水邊夏趣
小茂田青樹作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
小茂田青樹の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名小茂田青樹
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×