松尾敏男

まつおとしお
日本画家 1926(大正15) - 2016(平成28)

日本画家。昭和18年東京府立第六中学校卒業後、竪山南風に師事。昭和24年第34回院展に『埴輪』が初入選し、以後、院展での受賞が続く。昭和41年『廃船』、同43年『鳥碑』、同45年『樹海』が日本美術院賞、大観賞を受賞し、同46年第1回山種美術館賞展で『翔』が優秀賞受賞、日本美術院同人に推挙される。昭和50年代に入ってからは燿』『サルナート想』がともに文部大臣賞を受賞し、同54年より日本美術院評議員を務める。芸術選奨新人賞(『海峡』)、日本芸術院賞(『サルナート想』

松尾敏男
松尾敏男
松尾敏男作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
松尾敏男の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名松尾敏男
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×