上村松園の作品ぜひお譲り下さい。
弊社は美人画を得意としており、松園の作品を数多く取り扱っております。
上村松園は、美人画ジャンルの最高峰というだけでなく、明治期以降のもっとも気品の高い日本画家として評価されています。女性として初めて文化勲章を受章したこともあり、女性の社会進出の象徴でもあるといえるでしょう。美人画を得意とする弊社にぜひご相談ください。

上村松園

うえむらしょうえん
日本画家(明治以降) 1875(明治8) - 1949(昭和24)

京都四条御幸町に生まれる。日本画家。本名津禰(つね)。明治20年、京都府画学校に入学、鈴木松年の画塾に通う。翌年、松年の退職に伴い同校を退学。松年門に入り、松園と号す。26年、松年の許可を得て幸野楳嶺に入門。その後、楳嶺の死去に伴い、同門の先輩であった竹内栖鳳に学ぶ。この時期、《四季美人図》や、《義貞聴琴図》など、歴史風俗を題材とした作品を多く残す。文展花形作家として池田蕉園・島成園とともに「閨秀の三園」と称された。その後、京都市新古美術品展やパリ万国博覧会等、国内外の博覧会で受賞を重ね、その実力を認められる。「一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵」、「真・善・美の極致に達した本格的な美人画」を生涯追い求め、品格ある女性像を描き続けた。その気品ある作品群のなかで、女性の情念を描いた《花がたみ》《焔》も傑作に数えられる。文展を舞台に力作を連続出品し、昭和16年に帝国芸術院会員、19年に帝室技芸員となる。また同23年には女性初の文化勲章を受章。代表作に、重要文化財となった《序の舞》《母子》などがある。

⇛出身県:京都 作家分類:日本画家一覧 仕事分類:日本画の買取

上村松園「待月」
上村松園「待月」

高く売れる図柄は美人画の大首絵で晩年の作

上村松園が描いた作品の中でも評価が高いのはやはり美人画です。
特に、「大首絵」と呼ばれる女性の顔を画面いっぱいに描いた構図の作品が最も人気があります。松園が特にこだわっていた日本髪の結いや櫛・簪(かんざし)と京の町の伝統的な風俗を華やかに描き上げた作品は希少で、制作年では、晩年の昭和10年から同20年頃が最も良いとされています。

≪高級美術印刷の複製画に注意!≫

上村松園の作品の場合、いわゆる「工藝画」など高級美術印刷の複製画にも注意が必要です。
箱書きの無いものや、軸先が象牙でない物、表装が安物だったり、印譜が違っているなど、本物と見比べるとよくわかるのですが、時間の経過とともに間違えて”本物”と思い込んでいらっしゃる方が多いですので、工藝画には注意が必要です。

作品修復の際は細心の注意を払う必要があります

上村松園「わ可葉頃」(部分)
美人画は〈顔が命〉です!

上村松園作品に限らず、日本画の美術品を評価する上では、コンディションはとても重要です。
掛軸は額装と違って、絵肌がむき出しになるので、飾りっぱなしによるヤケやシミ、また破れなどがある場合は、残念ながら評価が下がってしまいます。

美人画の場合、顔の白い肌を描いた『胡粉』の状態が重要視されます。
上村松園の作品は、顔の状態が”命”とも言えますので、修復の際は細心の注意を払う必要があります。
うっかり修復して、顔に白い顔料をベッタリと塗られてしまうと取り返しがつかないこともありますので、修復前にぜひご相談下さい。

鑑定について

上村松園の場合、私どももメンバーである美術商の協同組合「東美鑑定評価機構鑑定委員会」で鑑定・登録を行っています。
しかしこれは有料ですので、直接持ち込むよりは、鑑定に出すべきかどうかなど、まずは私どもで判断させていただいた方がベターであろうと思います。
真贋判断の可能性、評価など、事前に無料にてアドバイスさせていただきます。
私どもでは鑑定書取得の代行も行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

上村松園の場合、息子さんにあたる松篁先生や孫の淳之先生による鑑定シール等が貼られていることもあります。
写真をお送りいただく場合は、こちらもお送りください。

<上村松園作品の所定鑑定人・鑑定機関>

ご売却希望のお客様は、鑑定機関に依頼する鑑定代行も承ります。

上村松園作品の相続

弊社では、上村松園作品の買取だけでなく、相続査定評価書の作成も行っています。

相続や企業様の美術品評価が必要な場合はお気軽にご相談ください。

上村松園を動画で解説

上村松園について語ります(1)【イントロダクション】
上村松園について語ります(2)【初期作】
上村松園について語ります(3)【しゃぼん玉】

上村松園の作品一覧

美術品の売却は、ぜひ信頼できる美術商をお選びください

社長 田中千秋
社長 田中千秋

弊社では美術品を売るときも、買うときも、それきりでなくて、一生のお付き合いを考えています。さらには、世代を超えて、代々お付き合いできる関係を目指しております。
スタッフにも「ともかくたくさん買えば良い」ではなくて、「お客様にどうしたら、最も、お役に立てるのか、考えて動きなさい」と伝えています。

本当にお客様の心に寄り添う
一生のお付き合いをする

そういう美術商として、みなさんとお付き合いできれば、と考えております。

上村松園の査定・お問い合わせ

上村松園の査定・お問い合わせはこちらよりお申込み下さい

ご相談はお電話(0120-126-510)、メールLINEからも承ります。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00