徳岡神泉

とくおかしんせん
日本画家 1896(明治29) - 1972(昭和47)

本名時次郎。明治42年13歳のとき、竹内栖鳳の画塾竹杖会に入塾する。大正3年京都市立美術工芸学校絵画科、6年京都市立絵画専門学校別科を卒業する。文展に三度落選し、8年京都を離れ放浪、富士山麓の富士川町に四年ほど滞在する。12年京都に戻り再び竹杖会に入塾する。14年第6回帝展に初入選。昭和11年京都市立美術工芸学校教員となり、画壇の革新をめざす京都の中堅日本画家による水明会の結成に参加、12年日本女子美術学校日本画科教授となる。 写実を基礎に象徴的ともいえる独自の幽玄美をつくりあげ、近代日本画に新たな風を吹きいれた。昭和41年文化勲章を受章、同時に文化功労者となる。

徳岡神泉「椿」(東京国立近立美術館蔵)
徳岡神泉「椿」(東京国立近立美術館蔵)
徳岡神泉作品の所定鑑定人・鑑定機関
 徳岡房子
徳岡神泉の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名徳岡神泉
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×