富岡鉄斎

とみおかてっさい
日本画家 1836(天保7) - 1924(大正13)

15歳ごろから国学・漢学を学び、やがて南北合派の窪田雪鷹、大角南耕に絵の手ほどきを受け、のち南宗画の小田海僊、大和絵の浮田いっけいに学ぶ。文久元年長崎に赴き明清画を実見、翌2年私塾を開設、書画で生計をたてながら国事に奔走する。明治2年立命館教員となり、学者として知られるようになる。15年京都薬屋町に転居、この居を終生の住処とし「万巻の書を読み、万里の路を往く」という理想を実践する。明清画や大和絵の模写に励み、文人画の近代的蘇生への歩みを続ける。 27年京都市美術学校の修身科嘱託教授となり、30年に日本南宗画協会の結成に評議員として参加、定期展に出品を重ね、大正3年『安倍仲麻呂明州望月図・円通大師呉門隠栖図』(重要文化財)を制作する。

妙義山図・瀞八丁図(布施美術館蔵)
妙義山図・瀞八丁図(布施美術館蔵)
富岡鉄斎作品の所定鑑定人・鑑定機関
 富岡鉄斎鑑定委員会
富岡鉄斎の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名富岡鉄斎
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×