今村紫紅

いまむらしこう
日本画家 1880(明治13) - 1916(大正5年)

明治30年(1897)、同じく日本画家の兄・今村興宗と共に上京し、松本楓湖の安雅堂画塾に入門。33年、紫紅会(後に紅児会に改称)に入会。盛んに研究会を行い、同展には大正2年(1913)の解散まで出品を続ける。明治35年に日本美術院に入会。茨城県五浦に移転した日本美術院研究所を訪れ、岡倉天心のもとで制作。国画玉成会第1回展で「時宗」が3等賞2席。44年、第5回文展で「護花鈴」が褒状受賞、第6回文展で「近江八景」(重要文化財)が2等3席と、次々に名品を誕生させた。 横山大観らの次代を担う若手画家の代表格として、同時代の画家たちに大きな影響を与えた。脳溢血により35歳の若さで亡くなる。

今村紫紅「宇津の山路」(静岡県立美術館蔵)
今村紫紅「宇津の山路」(静岡県立美術館蔵)
今村紫紅作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
今村紫紅の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名今村紫紅
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×