金島桂華

かなしまけいか
日本画家 1892(明治25) - 1974(昭和49)

14歳から師につき日本画の手ほどきを受け、優れた素質を見せる。画家を志し、明治44年、京都の竹内栖鳳の画塾「竹杖会」に入塾。花鳥画を基本に修行する。 大正7年第12回文展にて初入選、以後、帝展、日展で入選を重ねる。昭和にはいり、ますます装飾性を加えた明快な画面へと作風が変化し、写実に徹しながらも、新しい感覚と豊かな色彩による花鳥作品に挑み続けた。1953年日本芸術院賞受賞、1959年日本芸術院会員となり、堅実に階段をのぼっていき、京都画壇の最高峰となる。

桃花尾長鳥
桃花尾長鳥
金島桂華作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
金島桂華の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名金島桂華
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×