木村武山

きむらぶざん
日本画家 1876(明治9) - 1942(昭和17)

本名信太郎。 父は旧笠間藩士。 笠間の南画家桜井華陵に手ほどきを受け、23年上京して開成中学校に入学するが、川端玉章の画塾天真社で学び、24年東京美術学校に入学する。29年同校日本画科を卒業、研究科に進級、日本絵画協会絵画共進会で受賞を重ね、34年日本美術院正員となり39年の日本美術院の五浦移転にあたり横山大観、下村観山、菱田春草らとともに北茨城の五浦に移住する。40年文展開設にあたり新派の国画玉成会に日本美術院を代表して参加、評議員・幹事となる。大正元年東京に戻り、3年日本美術院の再興に経営者同人・評議員として参加、再興院展に優れた技巧、色彩感覚を生かした壮麗な花鳥画、仏画を出品する。昭和12年脳溢血で倒れ笠間で静養、13年右手が不自由となり左手で制作、左武山の異名をとる。

不動(笠間稲荷美術館蔵)
不動(笠間稲荷美術館蔵)
木村武山の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名木村武山
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×