社長 田中千秋
奥田元宋作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で奥田元宋買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし奥田元宋の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

奥田元宋

おくだげんそう
日本画家(明治以降) 1912(明治45) - 2003(平成15)

広島県双三郡八幡村(現・三次市)に生れの日本画家。本名は厳三(げんそう)。中学時代から斎藤与里の講習会などに通い油彩画を描きはじめる。1931年に上京し遠縁にあたる児玉希望に師事。1936年、文展鑑査展に初入選となる。第2回新文展では特選を受賞する。1944年に郷里への疎開を機に身近な風景の美しさを再認識し、以後風景画を中心に創作を展開。1950年には児玉希望門と伊東深水門が合流した研究会「日月社」に参加。1956年、日展会員となる。1973年、日本芸術院会員。1981年、文化功労者として顕彰される。1984年には文化勲章を受章。2003年、他界。享年90歳。近代ヨーロッパの色彩表現と水墨画の伝統を融合し、日本的風景画に精神性の高い独自の新朦朧体という表現方式を確立。また日月社や日展を主な活動の場として、数々の力作を発表し、日本画壇の重鎮として不動の評価を得る。「元宋の赤」といわれる独特な赤色が特徴的である。広島県三次市には、日本画家・奥田元宋と人形作家・奥田小由女の夫婦の名を冠した『奥田元宋・小由女美術館』がある。

奥田元宋「天霧山湖」
奥田元宋「天霧山湖」
奥田元宋の査定・お問い合わせ

査定、ご相談はお電話(0120-126-510)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00

CPI SSL サーバー証明書

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名奥田元宋
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はbuy@aojc.co.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×