池田遙邨

いけだようそん
日本画家 1895(明治28) - 1988(昭和63)

倉敷市に生まれる。明治43年(1910)、大阪の松原三五郎の画塾に入り、洋画を学ぶ。大正3年(1914)第8回文展に水彩画が入選。大正8年(1919)竹杖会に入り竹内栖鳳に師事し、日本画へと移行。同年第1回帝展に入選。日本画の巨匠・冨田渓仙の作風に共鳴した時期を経て、戦後には装飾的でユーモアに富んだ独自の画風で、日展や個展を中心に作品の発表を続けた。やがて、風景画に独自の画境をきり開いた。昭和3年第9回帝展、昭和5年第11回帝展で特選。昭和11-24年京都市立絵画専門学校助教授をつとめる。昭和28年青塔社を主宰。昭和35年日本芸術院賞受賞。昭和51年日本芸術院会員に選ばれる。昭和59年文化功労者の表彰を受け、昭和62年文化勲章を受章。

三尾四季
三尾四季
池田遙邨作品の所定鑑定人・鑑定機関
 池田道夫
池田遙邨の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名池田遙邨
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×