榊原紫峰

さかきばらしほう
日本画家 1887(明治20) - 1971(昭和46)

本名安造。明治40年京都市立美術工芸学校絵画科を卒業、研究科に進級。42年京都市立絵画専門学校が創設され2 年生として編入、44年同校の第一回生として卒業、大正2年まで研究科に学ぶ。在学中の明治42年文展で初入選。大正7年土田麦僊、村上華岳、野長瀬晩花とともに国画創作協会を創立、国展と呼ばれた定期展を開始、東洋画の精神を汲んだ新しい日本画を切り開いた大作、名品を毎回発表するが、昭和3年経営不振から国画創作協会を解散する。国展解散以後は官展不出品を通し、画壇から離れ、12年から母校の市立絵画専門学校教授として後進の指導に専念する。戦後も 24年から京都市立美術大学教授をつとめ指導にあたり、36年名誉教授となる。また31年から宇治・平等院などの壁画模写の指導にもあたる。37年日本画壇に尽くした業績により日本芸術院恩賜賞を受賞する。

榊原紫峰「鸚哥図」
榊原紫峰「鸚哥図」
榊原紫峰作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
榊原紫峰の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名榊原紫峰
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×