落合朗風

おちあいろうふう
日本画家 1896(明治29) - 1937(昭和12)

苦学して日本画を学び、小村大雲に師事。大正5年、第10回文展に『春なが』で初入選、8年再興第6回院展に『エバ』で初入選。以後、院展、帝展に連続入選する。官展への不満と川端龍子への共感から昭和6年、青龍社第3回展に大作『華厳仏』を出品し、青龍賞を受賞、同社社人となる。昭和9年青龍社を脱退し、自由で近代的な芸術を目指し、川口春波と明朗美術連盟を結成する。新たな日本画の展開を期待されたが昭和12 年、40歳で歿した。

落合朗風の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名落合朗風
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×