小野竹喬

おのちっきょう
日本画家 1889(明治22) - 1979(昭和54)

本名英吉。明治36年京都に出、竹内栖鳳に入門。栖鳳より「竹橋」の号を授かる。40年第1回文展で入選、42年新設された京都市立絵画専門学校別科に土田麦僊とともに入学、44年に卒業する。この間新古典美術品展で受賞を重ね、43年黒猫会(ル・シャ・ノワール)、44年仮面会(ル・マスク)の結成に参加する。大正7年に村上華岳、土田麦僊とともに国画創作協会を結成する。10年渡欧し翌年帰国、12年に号を「竹喬」と改める。昭和3年経営不振から国画創作協会を解散。昭和4年帝展推薦。昭和25年京都市立美術専門学校教授となる。33年日展常務理事。一貫して日本の自然と取り組み、透明感に満ち静かな情感の溢れた新しい風景画の世界を形象し続けた。昭和51年文化勲章を受章。

小野竹喬「高原之秋」
小野竹喬「高原之秋」
小野竹喬作品の所定鑑定人・鑑定機関
 小野竹喬鑑定委員会
小野竹喬の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名小野竹喬
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×