郷倉千靱

ごうくらせんじん
日本画家 1892(明治25) - 1975(昭和50)

日本画家。長女の郷倉和子も日本画家。大正2年東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業後、一年半渡米。第2回帝展に初入選し、第8回院展初入選、同13年日本美術院同人に推挙。昭和7年帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)教授などを歴任する。また、画塾草樹社を率いて、長く後進の指導にあたる。初期はポスト印象派に関心を示すが、その後は写実を基礎に西洋的なモダニズムを加味した作品を描いた。日展審査員、多摩美術大学教授、日本美術院評議員、日本芸術院賞受賞、勲四等旭日小綬章受章、日本芸術院会員。没後、勲三等瑞宝章追贈。

郷倉千靱「豊尊花」
郷倉千靱「豊尊花」
郷倉千靱の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名郷倉千靱
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×