土田麦僊

つちだばくせん
日本画家 1887(明治20) - 1936(昭和11)

本名金二。小学校を卒業後、寺に預けられ、36年京都の智積院に入るが、画家を志して出奔、鈴木松年に入門、37年に竹内栖鳳に師事。京都新古美術展や絵画共進会で受賞を重ね、41年文展で初入選する。42年京都市立絵画専門学校が開校、小野竹喬とともに別科に入学、野長瀬晩花や本科の村上華岳、入江波光、榊原紫峰らと同期となる。44年市立絵画専門学校を卒業。中井宗太郎ら京都の美術批評家による無名会の例会に参加、西洋の近代絵画に関心を強め、また中国や日本の絵画研究を深めて、以後文展を舞台に力作を発表する。大正7年華岳、晩花、紫峰、竹喬とともに国画創作協会を創立する。ルノワールやゴーギャンに影響を受け、伝統的な日本画に西洋絵画の重厚なマチエールや合理的な空間把握、幾何学的な構図などを取り入れた、新たな絵画の創造を目指した。

土田麦僊「蔬菜」
土田麦僊「蔬菜」
土田麦僊作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
土田麦僊の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名土田麦僊
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×