前田青邨

まえだせいそん
日本画家 1885(明治18) - 1977(昭和52)

岐阜県中津川市に生まれ、16歳の時画家を 志して上京。尾崎紅葉のすすめで梶田半古塾に入門。大正3年には日本美術院の再興に参加し、大和絵の伝統を軸に、歴史画から肖像画、花鳥画と幅広い作域を示し、豊麗な画境を築いた。昭和30年には文化勲章を受賞するなど、近代日本画壇を代表する画家として活躍する。また、法隆寺金堂壁画の再現模写や高松塚古墳壁画の模写等、文化財保護事業に携わる。

前田青邨「月と紅白梅」
前田青邨「月と紅白梅」
前田青邨作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
前田青邨の作品例一覧
前田青邨の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名前田青邨
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×