橋本関雪

はしもとかんせつ
日本画家 1883(明治16) - 1945(昭和20)

日本画家。神戸市生まれ。幼少時より、明石藩儒であった父・海関から漢学を学ぶ。1903年には竹内栖鳳が主宰する竹杖会に参加し四条派の画風を習得、官展で活躍した。生涯に60回以上中国を訪れ、漢学の知識を基礎に中国の古典文学や風物をテーマにした作品を発表。四条派と、中国で学んだ南画の技法に写実的な表現を加えた、関雪独自の格調高い世界を生み出した。特に動物画を得意としており、犬や猿、リスなどの凛とした気品を備えた表情が魅力的である。帝室審査員、帝室技芸員、帝国美術院会員。

橋本関雪作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
橋本関雪の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名橋本関雪
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×