北大路魯山人

きたおおじろさんじん
工芸作家 1883(明治16) - 1959(昭和34)

陶芸家、書家、美食家、料理家。初め書家として名声を博す。料理や骨董にも興味を持ち、1919年東京に骨董店「大雅堂芸術店」を開店、やがて作陶も始める。特定の師を持つことなく、独自の鑑賞眼を以て古美術品から学んだ技と精神を土台に、独創的な作品を生み出した。1955年人間国宝認定辞退。

北大路魯山人「椿花鉢」
北大路魯山人「椿花鉢」
北大路魯山人作品の所定鑑定人・鑑定機関
 黒田陶々庵
 東京美術倶楽部鑑定委員会
北大路魯山人の作品例一覧
北大路魯山人の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名北大路魯山人
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×